注文住宅の魅力

注文住宅の魅力とは何か

注文住宅の魅力とは何でしょうか。注文住宅を建てたいという人には、自由設計をしたいからという理由を挙げる人が多いのです。建売り住宅と比べても、最初から設計がされているわけではなく、工務店や設計士と話し合いながら間取りを決めていくことは、住宅を持ちたいという人にとってとて魅力的な話なのです。 ですが、その反面、注文住宅は金銭面で負担が大きくなります。一般的には建売住宅の2割から3割高くなることが多いようです。 この微妙な価格差ゆえに、注文住宅にしようか、それとも建売住宅にしようかと迷う人が増えるのです。 注文住宅がいいのか、それとも建売住宅がいいのかを決めるにはその住宅に住む人の考え方や価値観、環境によって異なります。

それぞれのパターンによって住宅の種類を決める

例えば、金銭的にはある程度余裕があり、長年にわたって一つの住宅に住み続けたいというのであれば、建売住宅よりも注文住宅を選んでもいいでしょう。金銭面でクリアできるとすれば、自由設計が可能な住宅のほうがより理想に近づけるからです。また、長年住むのであれば、20年後や30年後のことも考えて、リフォームをしやすい住宅を設計するという方法もあります。 最近は躯体と壁を切り離す設計が注目されています。例えば、壁を可動式の壁にして、その両方の部屋を子供部屋にします。子供たちが大きくなったら壁を外して広々と使うという方法が考えられるのです。 では、金銭面で余裕がない場合はどうしたらいいでしょうか。長期的なローンを組んでもいいですが、利子が増えますので、その場合はもう少し時間をかけて頭金を増やすほうが賢明かもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加